スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

ハイパフォーマンス車はすごい

市場別で見ると、AMG車が比較的売れたのは米国で、全体の38%を占めております。2番目はメルセデスの地元ドイツで13%のシェア。日本が8%でこれに続き、ベスト3です。

とくに2位のドイツは前年比34%増の伸び。ですけど、新興国の販売増は其のうえ急激で、中国では前年比260%増、ブラジルでは565%増と驚異的な伸び率をになっています。

販売グレードの主力は『C63AMG』で8100台。『SL63AMG』も3050台と売いますね。AMG車の頂点に立つ「SL65AMGブラックシリーズ」は限定350台が完売したらしいです。

しかも、AMG車の総販売台数2万4200台には含まれないが、「AMGスポーツパッケージ」も前年比73%増と好評を博しています。

ダイムラーはAMGの販売やメンテナンスを行う拠点として、「AMG効率センター」を拡大展開。2010年末までに世界15か国、合計175か所にオープンさせる計画となっています。

其のうえ、車両開発に関して、ダイムラーは「2010年以降のAMG車は、全エンジンの直噴化とアイドリングストップ機能の採用を行う」と宣言。2012年までに燃費を現行比で約30%向上させる方針を明らかに。

其れにしても、BMWのMカーが前年比50%増、AMGが19%増とドイツ製ハイパフォーマンス車は世界中で人気。

地球規模の不況の影響を全く受けていらしゃりませんのが、すごいところ。

スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

パサートCC(コンフォート・クーペ)

コンパクトカー、ミニバンといった実用モデルばかりが注目されますわ昨今、クルマはカッコよくなくては…と思ってる人もいるのではありませんだろうか。

そこで注目されておりますのがフォルクスワーゲンのパサートCC。スタイリッシュな4ドアクーペの走りを紹介してみます。

フォルクスワーゲンから登場した4ドアクーペモデル「パサートCC」が注目されていますね。2004年に登場した4ドアクーペスタイルのメルセデス・ベンツCLSが日本でも売れたように、パサートCCも人気モデルになる可能性があると見られています。

パサートCCの「CC」は、コンフォート・クーペの頭文字をとって、直訳すれば快適なクーペと呼べますね。

全高を標準モデルよりも50mmも低くして登場した4ドアモデルですわ。ラインアップはFFの2000ccターボと4WDの3600ccV6の2タイプとなっており、日本での売れ筋モデルは2000ccだと予想されます。
そこで速速、この2000ccモデルに試乗したので御座いますわ。エンジンはゴルフGTIに搭載されておりますわものと同じ直噴ターボで、最高出力200馬力を発揮しますね。
エンジンをかけてスタートしますね。ゴルフGTIと異なるのは変速機が自動変速ギヤボックスのDSGではなくて、普通の6速ATになっておりますわことで、これが大柄な4ドアクーペを軽々と加速させります。エンジン回転が低い状態からターボが効き始め、低速から力強く加速していくために、出足のストレスはないでしょう。其のうえ加速していくとターボのパワーが落ちることなくて、パワフルな走りを見せります。

RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。