スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

 メルセデス Bクラス(外国車)

ハッチバックのような、ミニバンのような、不思議なクルマ外国車
 
 Aクラスのプラットフォームを使用して、新しいメルセデスベンツができた。その名もBクラス。Aクラスより長くCクラスより短い全長そのままに、AとCの間に入るカテゴリーとなる。

 しかし、Cクラスよりもホイールベースが長くなっていて、居住空間やラゲッジスペースが広くなっている。ハッチバックのような、ミニバンのような、不思議なクルマなのだ。

 エンジンは1.7Lと2.0LのNAと、ターボエンジンを搭載するB170と、B200&B200ターボがあり、いずれも7速CVTとの組み合わせ。

 さらに安全面では、独自のボディ構造「サンドイッチコンセプト」による、高い衝突安全性能、衝撃に応じて展開の度合いを2段階の調節する運転& 助手席SRSエアバッグシステムを始め、サイドウインドウエアバックも標準装備。この高い安全性はいかにもメルセデスベンツらしいところだ。
カジュアルで見晴らしも良いプチバン
 
 カタチは今までにないメルセデス・ベンツだ。プラットフォームはAクラスがベースだが、全高が1605mmしかないこともあって、見た目は意外とコンパクト。

 でも、ひと度運転席に座ると全然感覚が違う。上から見下ろすような視界の広がり方、ミニバンらしく両側から拭くワイパーを見ていると、コンパクトカーというよりプチバンに近いような印象を持っている。

 

メルセデスらしい安定感のある走り
 
 見た目の印象と走りの印象は共通したものがある。Aクラスよりは低めなものの、やはり腰高感があって、セダンとミニバンの中間みたいな不思議な感じなのだ。

 操作系は外国車にしては非常に軽くて、エンジンも軽く回っていくタイプで、重々しさはまったくない。最小回転半径は5.6mと少々大きめではあるが、フロントウィンドウもかなり寝かされているにもかかわらず、ウエストラインが前に向かって下げられたデザインなので、Aピラー周りを含めた横方向の視界もバッチリ。街中での扱いは気軽に取りまわせるといった感じ。

 ところがひとたび高速シーンとなると、メルセデス・ベンツらしい安定感を持っているのが好印象。ロングホイールベースも貢献してドッシリ感さえ感じるほどだ。しかし、高速よりに設定されているせいか、街中の路面の悪いところでは結構ギャップを拾うのが少々気になるところではある。

後席に座ってもその感覚は同じ。シネマ方式で前席より高くなっているので、見晴らしがすこぶるイイのである。

 インテリアもクロームが多用されているのだが、なんとなくカジュアルな印象。メルセデスらしい重厚感がないところが、逆にこのクルマの印象に合っている。しかし、同じ形状のスイッチ類がズラリと並ぶセンタークラスターは相変わらずなので、この辺りはもう少し手探り操作性を向上させて欲しいところ。
autobytel-japanから引用



スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments

コメントをどうぞ

2007/10/18 Thu 14:19 | URL

Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。