スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

スウェーデンのSAABについて

スウェーデンのSAABは空機メーカーとしてのテクノロジーと
スピリットがのクルマ造りを考えているのがSAAB(サーブ)です。
車の車種はエステートと言われる車が3種類あります。
SAABで有名な車は9-5エステートが一番有名です。

サーブはかつての航空機メーカーとしての信念を今なお失ってはいないしそれを、いろいろなところに生かされている。夜間、不要な照明部分を消せるナイトパネルもそのひとつ。、頑として守り続けるコンソール上のイグニッションスイッチにも共鳴できる。シンプルなマップランプも機能的です。
次にSAABのエステートの詳しい説明は続きを読むから
ビッグマイナーチェンジされたサーブ9-5の06モデルはスマートにフェイスリフト、内面的にもプレミアム感を増した。エステートシリーズのバリエーションは、セダンの2タイプに対して、リニア、アーク、エアロの3タイプ。セダンには、ベーシックな2L モデルがラインアップされていない。
ターボエンジンのパワーは、リニアの150馬力、アークの185馬力に対し260馬力。サーブのトップモデルにふさわしい力強さを備えているからだ。実際、そのパワフル感はアクセルを踏み込めば体感できる。速いことはもちろんだが、シャープさというより、底力にものをいわせて突っ走るというフィールなのだ。
 ある意味でターボらしいといえばターボらしい。デリケートなアクセルワークに対してよりも、オン・オフ時のわかりやすい加速性が特徴的だ。ケースによる若干のタイムラグを嫌うか、結果的にそれが力強さの基となるサーブらしさとしてポジティブにとらえるかで、感じ方が変わってくる。
 かつての9ー5最強車よりもマイルドになっていることは確かだが、スポーツ性が自慢の他メーカーのパワフルワゴンと比べると、レスポンス面ではそこそこレベル。にもかかわらず、フル加速して強いインパクトを感じるのは、けっしてワイルドというひと言では言いつくせない逞しき力感によるためだ。それを白か黒かと問われれば、そのどちらとも明確には言い切れない。事前に何も知らされず、あるクルマにいきなり乗ってどうかと問われたとしよう。未完のモデルは当然不可だし、スポーツ性自慢のモデルも数多くはあっても、感覚的に明確な主張がある個性派は少ない。9ー5エステート・エアロは、それとわかる1台である。
SAAB特集
スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006/09/05 | クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu! |

サーブ9-5 SAAB 9-5 (サーブ)

「サーブ9-5 SAAB 9-5 (サーブ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年9月...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。