スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

3シリーズのリア、サイドの特徴

BMW3シリーズのリアは滑らかに、一貫性を持って流れるラインは、
新型3シリーズクーペの躍動感溢れるパワーとパフォーマンスがある。
ショルダーラインはリアに向けてわずかに上昇し、フラットなルーフライン
とのコンビネーションによってエレガンスを表現。
キャラクターラインはフロントホイールからテールライトにかけて伸びやかな
アーチを描き、その一方でサイドシルラインはリアに向けて滑らかに上昇。
そのキャラクターラインとサイドシルのラインの間隔は、リアホイールアーチ
へ近づくにつれて徐々に狭まる。


3シリーズ リア
線と面とで織り成す相互作用によって見事な三次元効果が生まれ、多くの光も、
見る者すべての視線もリアホイール付近へといざなわれる。この効果は、視覚に
よる印象によってこのクルマの走りを体験させるべく意図させ、新型
3シリーズクーペの後輪駆動を強調し、卓越した運動性能をみせている。
迫力あるホイールアーチのデザインが独特の緊張感と高揚感を演出。


サイドの特徴
新型3シリーズクーペの外観の特徴は、とりわけサイドによって印象付けられる。
長いホイールベースと、後方へ向かうにつれて下がりながら内側へ緩やかに流れる
ルーフラインは新型3シリーズクーペの優美でしなやかなデザインを主張。
一方で大きく膨らんだホイールアーチは
、力強さと信頼感を与える。ボディ全体は、
エンジンフード前端部から低いリアエンドにかけてウェッジ状にデザイン。



3シリーズ サイド


全体的な印象だけでなく、新型3シリーズクーペのショルダーライン
キャラクターラインサイドシルラインも、視覚的に与えている。
ショルダーラインおよびドアハンドルから左右に走るキャラクターラインは、低く設計。
リアエンドに向かって流れている。いずれのラインも途中で寸断されず伸びているため、
見る人の視線をフロントからリアにかけて自然に誘導。
前後のエアダムの間のドア下端部に沿って走るサイドシルラインは、このクルマの
スポーティで優美なルックスをさらに強調。

クーペの躍動的な外観を強調する伝統の「ホフマイスター・キック」にもこれまで以上の
独特の新しいデザインが取り入れ、Cピラーの最下部から向きを変えてフロント
側に伸びるホフマイスター・キックは、はっきりとした独特の角度でショルダーラインに流れこむ。
サイドウインドウ周りのクロムトリムは一体成型で作られる。
ドアミラーの形状は新型3シリーズクーペ専用にデザイン。
サイドセクションに走るラインをイメージさせて、全体のデザインに
スムーズになじむようになっている。

スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。