スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

ディゼルの排出ガスについて

PMをフィルタで捕まえるのでDPFを通過した排出ガスはきれいになって
いると言うわけです。


ただし、DPFは詰まってしまうという難点があります。
フィルタで捕まえられたPMは時間と共にどんどん増えていくので網目が詰
まってしまうのは当たり前ですよね。

フィルタが詰まると、排気ガスの流れが悪くなり余計な負担をエンジンへ与
えてしまいます。


そのため、定期的にフィルタに堆積したPMを取り除かないといけません。

その方法はフィルタに堆積したPMを燃やしてなくしてしまうことです。
PMを燃やすと無害な二酸化炭素になります。


ただし、PMが燃える温度は600度と非常に高温です。普通にクルマを運
転していたのでは、なかなかDPFはその温度に達しません。

ですので、
エンジン側でDPF温度をPMが燃える温度まで上昇させています。

その制御にコモンレールシステムが使われています。

スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。