スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

BMW7シリーズの新モデルに新エンジン搭載(ディーゼルエンジンモデルも)

BMW・AGは、BMW7シリーズに新開発3.0リッター直6ディーゼル・ターボ・エンジン搭載モデルと4WDモデル、其れからMスポーツパッケージ装着車を追加し、2010年モデルとして2009年秋に欧州で発売すると発表したので話題になっています。

新開発3.0リッター直6ディーゼル・ターボ・エンジンは、噴射圧2000バールのピエゾ式インジェクターを備えたコモンレール式直噴システムや可変ツインターボ・システムを備え、最高出力306hp、最大トルク61.2kg-m/1500~2500r.p.m.といいます優れた出力性能を発揮。このエンジンを搭載した740dは、0~100km/h加速6.3秒、最高速度250km/h(リミッター作動)といいます、プレミアム・サルーンに相応しい効率を実現しております。

BMWは、最高出力245ps/4000r.p.m.、最大トルク55.0kg-m/1750~3000r.p.m.の新開発3.0リッター直6直噴ディーゼル・ターボ・エンジンを搭載した既存モデルの730dに、DPFおよび酸化触媒に加えてNOx吸蔵触媒を採用した730dブルー効率(BluePerformance)を設定。こちらも14.7km/リッターといいますクラストップの燃費性能と、わずか178g/kmの低CO2排出量、其れからEU6をクリアする環境性能を実現。

 

2010年モデルから、制動力回生システムであるブレーキ・エナジー・リジェネレーションの回生状況を表示するインジケーターが、メーターパネル内に設置。

スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。