スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /

BMW M6

エレガント&セクシーなボディを軽快に走らせるM6
最近のBMWは、どうも写真写りが悪い。M6も写真で見ると美人に見えないが、実車で見るとボディラインは曲面を多用し、とにかくセクシー。とくにトランク付近の造形はポルシェ911と同様に大好きで、乗る前から期待が大きい。

 まずは、大きいが剛性の高さを感じるドアを開け、スポーツシートに身体を滑り込ませると、自分の身体に合わせて作ったようにシートがピッタリと合う。硬くもなく、柔らかくもなく絶妙な座り心地。スタートスイッチを押すと、少し長めのクランキングの後にエンジンは始動し、6気筒でも8気筒でもない独特の力強い排気音が車庫内に響きわたる。始動直後の冷えた状態では、タコメーターのレッドゾーン域が通常より低回転まで下がり回転数を上げないように示している。
BMW M6 試乗記からの引用


どんな道でもコントロール性能抜群!!
ダンパーは3段階で任意に選べるが、ソフトを選んでも硬さを感じるが引き締まった足で不快感はない。試しに3段階の一番硬いハードを選んだら、冬で痛めつけられた道路では車が飛び跳ねてしまうほど硬かった。ハードを選ぶのは路面が滑らかなサーキットだけだろう。そんな悪い路面でもフロントはファットなタイヤを履いても、軽くハンドルに手を添えているだけで車は何事も無かったように直進し、しかもタイヤの重さを感じないサスペンションと、ボディ剛性の高さはMの証だ

BMW M6 試乗記からの引用
スポンサーサイト
RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
タグ /
Comments
Add a comment


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。